イメージ1

しょっちゅう「化粧をちまちまと使っても効果はない」「豪快に浴びるようにつけるといい」と言われることが多いですね。
それは確かなことであって化粧水の使用量はほんの少しよりたっぷり使う方がいいと思われます。

保湿の大事なポイントは角質層に適度に水分が保持されていることです。

保湿効果のある成分がふんだんに使われている化粧水で角質層に水分を与え、補充した水分量が蒸発してしまわないように、乳液とかクリームを使って脂分によるふたをして水分を閉じ込めましょう。
アトピーで乾燥した肌の改善に使用が推奨されることもある保湿効果のある成分セラミド。
このセラミドを配合した特別な化粧水は保湿性能が非常に高く、様々な刺激から肌をしっかりと保護する大切な働きを強くします。

プラセンタ配合美容液には表皮内の細胞分裂を活発化する機能があり、表皮の新陳代謝を健全にさせ、気になるシミが薄く目立ちにくくなるなどのシミ消し効能が見込まれています。

ヒアルロン酸の保水作用の関係についても、角質層においてセラミドが効率的に皮膚を保護するバリア能力を発揮すれば、肌の保水機能が向上することになり、一層弾力のある美肌を保ち続けることが可能です。

普通市場に出ている美容液などの化粧品や健康補助食品に添加されているプラセンタは馬や豚の胎盤から抽出したものになります。

気になる安全面から他の動物由来のものと比較して、馬や豚の胎盤を原料としたものが確実に安心だといえます。

体内では、途切れることなく消化酵素でのコラーゲンのアミノ酸への分解と再合成が行われています。

老化すると、このうまく釣り合っていた均衡が崩れることとなり、分解される方が増加してきます。